児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2009-12-03から1日間の記事一覧

他人から依頼されて自分で撮影・送信する場合、児童は1項提供罪(特定少数)・2項製造罪(特定少数)の正犯にはならない(大阪高裁H21.12.3)。

受注販売で、有料で販売してた。 頼んだ方が3項製造罪(姿態とらせて製造)の単独犯。 製造罪の個人的法益を重視するとこうなると思います。 神戸地裁の理由付けと違うところが、説明が一定していないところですが。 児童を正犯として検挙しちゃって これだ…

12点法

指紋鑑定を争ったことはありません。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091202-00000155-mai-soci この指紋を改めて鑑定したのは、斎藤鑑識証明研究所(宇都宮市)の斎藤保氏。事件関係者によると、レジ袋の指紋と被告の指紋が、一部合致しない部分があ…

性犯罪被害者の住所、「取り調べ中見た」被告証言

起訴状に被害者の住所が記載されていることもあって(送達しておいて)被告人質問で「それを忘れろ」と迫った検察官がいますが、判決書にも記載されていました。 これでも謝罪が量刑上有利に斟酌されるのであれば、成功ということになります。 http://www.as…