児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

出会い系サイト利用の援助交際を利用した強姦罪につき「被害者も出会い系サイトを利用した軽率さがあり犯行を招いた一面がある」と判示した事例(某地裁H19)

 援助交際としての性交には同意があるが、暴行脅迫された上での性交には同意がないということになっています。