児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

誤認逮捕

 「あの人です」という被害者の目撃証言に頼るとこうなることがあります。
 客観証拠を集めろと号令がかかっているのですが、密室のパターンではどうしても被害者の供述に頼らざるを得ない面もあります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100505-00000003-jij-soci
誤認逮捕された男性は同容疑者ら知人のトルコ人男性3人とインターネットカフェに入り、それぞれ個室でインターネットを使っていた。男性は容疑を否認していたが、女性の話だけで1日に逮捕された。その後、女性が使っていた個室から同容疑者の指紋が発見されるなどしたという。
 男性らはロックフェスティバルのアルバイトのため、宮城県を訪れていた。
 佐藤則夫仙台南署副署長の話 大変申し訳ない。よく検証し、今後二度とこうしたことがないよう適正な捜査の徹底に努めたい。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100505-00000500-san-soci
男性は一貫して容疑を否認したが、女性の目撃情報に基づき逮捕された。その後の調べで、女性がいた個室に容疑者の指紋が付着していたことなどが分かり、男性が事件に関係なかったことが判明。男性は1日午前の逮捕から約90時間後の4日午後に釈放された。
 同署の佐藤則夫副署長は「女性の説明を過信してしまった。2度とこうしたことが起こらないよう、適正な捜査に努めたい」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100504-00000068-mai-soci
仙台南署によると、男性は容疑者の友人で、当時一緒にカフェを訪れていたが、一貫して容疑を否認していたという。被害女性がいたブースの扉に容疑者の指紋が残されていた一方、男性の指紋が検出されなかった点などから、誤認逮捕が判明。女性が容疑者を確認する際、男性を容疑者と間違えたことが原因といい、佐藤則夫副署長は「大変申し訳ない。このようなことがないよう適正な捜査の徹底に努めたい」と謝罪した。