児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-03-15から1日間の記事一覧

17歳アイドルの胸を揉むシーン

2号ポルノが検討されます。 「性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)」というのは2条2項から借りてきて下さい 着衣の上から性器、肛門又は乳首を触る場合も含みます。 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO052.html 児童買春、児童ポルノに…

児童とは知らなかったという弁解を通す方法

奥村が担当した事件では起訴されたことがありません。1 15歳以上と18歳以上は見かけて区別が付かないこと(ここはタナー法のグラフが効く) 2 青少年条例引っ張ってきて、買春者には法律上の年齢確認義務がないこと(条例の解説持って来てその反対解釈を…

2017年03月15日のツイート

@okumuraosaka: 2017年03月20日のブログ URL2017-03-15 23:19:36 via Hatena @okumuraosaka: 強制わいせつの罪で小学校教員を起訴(長野県) - 日テレNEWS24 URL2017-03-15 23:11:50 via TweetDeck @okumuraosaka: 谷垣前幹事長、頸髄損傷での長き不在 自ら…