児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-11-21から1日間の記事一覧

脅迫伴う製造とか13歳未満の製造とか数件で懲役2年実刑(求刑3年) 某支部h28.11

手持ちの裁判例では2年程度なので、そこに誘導できた感じ。

2016年11月21日のツイート

@okumuraosaka: 事件があった店の経営者が所属しており、店では数年前から同様の被害が十件程度確認されているというURL2016-11-21 23:33:24 via TweetDeck @okumuraosaka: 【奥村徹弁護士の回答】 準強制わいせつの被害と思われます。 加害者と被害者が直接…