児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2012-02-07から1日間の記事一覧

「迫られて数回やった。悪いこととは思っていた」という弁解

24%くらいしか逮捕されない罪で逮捕された例です。 迫られた場合は、「淫行」とはいわないんですよ。性犯罪の被害者になる。 起訴猶予率も高いし、弁護人つけて弁解したんだろうか? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120207-00000087-jij-soci http://w…

逮捕される率・逮捕されない率

急に聞かれても統計を探せませんでした。 割り算してもらえれば、発覚した場合に逮捕されるだいたいの割合がわかります。 児童ポルノ・児童買春だと997/1627=61.28%が身柄拘束されています。 青少年条例違反では、24.42%が逮捕されています。 確率が高いか…