児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2010-08-23から1日間の記事一覧

児童・青少年利用淫乱物(韓永學「韓国の言論法」)

日本と似たような曖昧な規制を掛けているようです。 韓永學「韓国の言論法」p335 同法は2009年6月に全面改正され、児童・青少年の性保護に関する法律に改称された。児童・青少年の性保護に関する法律は、青少年の性保護に関する法律の骨格を踏襲して、①国家…

大コンメンタール刑事訴訟法〈第3巻〉第128条~第188条の7

大コンメンタール刑事訴訟法〈第3巻〉第128条~第188条の7作者: 河上和雄,古田佑紀,原田國男,中山善房,河村博出版社/メーカー: 青林書院発売日: 2010/07メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る ちょうど弁護人の記録閲覧権とかも含…

8〜9月の出張予定

確定記録を閲覧して、可能な限り相談も受けるという出張の予定です。 8/25 奈良県 8/30~31 青森県 9/7 高知県 香川県 9/8 東京都 9/14 山梨県 9/17 滋賀県 9/26~28 北海道 10/7 宮城県