児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

子どもの奪取と子どもポルノグラフィーとの闘い

 「児童ポルノについては東京でお話しします」とかで割愛でした。

http://www.hurights.or.jp/system/event/200904/1.html
○日時:5月20日(水) 15:00〜16:30
○会場:アメリカ総領事館5階ホール
  530-8543大阪市北区西天満2-11-5
  http://osaka.usconsulate.gov/wwwhjmap.html
○講演
  「子どもたちの安全を確保する ―子どもの奪取と子どもポルノグラフィとの闘い」
  講師:モーラ・ハーティ大使(元領事担当国務次官補)
    国際行方不明児および被搾取児童センター(ICMEC)・シニア・ポリシー・ディレクター (同時通訳つき)