児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

同性愛者が集まる公園で知り合った事案。

いろんな人が、いろんなところで出会うものです。
 インターネット異性紹介事業は規制されているのですが、実は、同性紹介事業は規制されていません。
 腕力の問題として不均衡が無いからだとか。

http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiinov0711339/
同性愛者が集まる横浜市内の公園で生徒と知り合い、自宅に連れ込んでいたという。
 調べでは、容疑者は九月十九日午後九時ごろ、自宅で県立高校二年の男子生徒(16)=横浜市在住=に一万円を渡し、わいせつな行為をした疑い。「小柄でかわいい子なので声を掛けた。この生徒と十回ぐらい関係した」などと供述しているという。