児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-04-12から1日間の記事一覧

師弟関係の児童淫行罪+姿態をとらせて製造罪の実刑事案につき、原判決を破棄させて減軽させました。(名古屋高裁金沢支部H29)

原審弁護人が児童淫行罪の成立要件について無知だったので異様に重い判決になっていました。 姿態をとらせて製造罪の罪数処理につき法令適用の誤りが認められました。

組織的犯罪集団による実行準備行為を伴う重大犯罪遂行の計画罪

テロ関係ないですけどね。 http://www.moj.go.jp/content/001221008.pdf 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案 (テロリズム集団その他の組織的犯罪集団による実行準備行為を伴う重大犯罪遂行の計画) 第六条の二 次…

2017年04月12日のツイート

@okumuraosaka: 元芸人の弁護士が特殊詐欺の被害防止を呼びかける - 産経ニュース URL @SankeiNews_WESTさんから2017-04-12 22:13:04 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 学園側代理人を務める弁護士の事務所(同市北区)森友学園:幼稚園立ち入り変更 …