児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-03-24から1日間の記事一覧

宮崎マッサージ店強姦事件「盗撮ビデオ」めぐる交渉の弁護人、弁護士会から懲戒されず

懲戒請求はh27.3.3 綱紀委員会の議決はh28.2.3 弁護人の主張は判決書にも出ていて、ビデオが無罪主張に使われているようです。 宮崎地裁h27.12.1 判 決 被告人を懲役年に処する。 未決勾留日数中日をその刑に算入する。 押収してあるデジタルビデオカセット…

2016年03月24日のツイート

@okumuraosaka: (2人の刑が)相当軽いことは明白で、虚偽主張による責任軽減が実現している」とも指摘した暴行罪の38歳男性に無罪判決 「被害者が虚偽の主張」と裁判官 - 産経ニュース URL @Sankei_newsさんから2016-03-24 22:05:17 via Twitter Web Cli…