児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2011-03-23から1日間の記事一覧

第一東京弁護士会「量刑調査報告集」↑→

ありがちな罪名については、この冊子が詳しいですよね。 福祉犯はダメ。 http://www.ichiben.or.jp/approach/publication/archive_index.html 弁護士向け 量刑調査報告集? 第一東京弁護士会 刑事弁護委員会 出版年月:2010年3月 価格:2,500円(税込)

「児童買春等をしたのですが、逮捕されるでしょうか?」という相談者のその後。

相談だけで終わると、その後は、連絡もらわないと分からないのですが、把握している範囲では、2割以上が逮捕されているようです。奥村の名刺が押収されたりします。 それ以外は在宅捜査か、捜査を受けなかったかで終わっているのでしょう。 相談者の自覚と…