児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2009-04-12から1日間の記事一覧

カウントダウン裁判員制度:施行まで40日 「餅は餅屋」がいいかも

奥村も、児童ポルノ・児童買春罪に伴う、強制わいせつ致傷には備えないとだめですね。 強制わいせつ致傷は法定刑が広いし(執行猶予〜無期)、致傷程度もいろいろだし、難しいですね。 手持ちの裁判例でも、厳しい量刑になっていますが、致傷罪の傷害の程度を…

裁判所の偉いさんの趣味

何の発見もありませんが。 静岡:大学時代から俳句が趣味で、最近は写真と俳句を組み合わせた「写俳」に取り組み、デジタルカメラを持って撮り歩いているという。(朝日2009.04.07) 青森:趣味は山登りと囲碁、テニス(毎日2009.04.03) 福島:趣味は散策と高校野…