児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「防犯カメラ+買春+逮捕+援交」で検索された方へ

http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%cb%c9%c8%c8%a5%ab%a5%e1%a5%e9+%c7%e3%bd%d5+%c2%e1%ca%e1+%b1%e7+%b8%f2

 鋭いですね。
 被害児童とコンビニとかディスカウントストアとか入ったりすると、ばっちり撮られてます。
 レジスターのジャーナルを調べると、何買ったかもわかります。

 人が2人歩くと、どこかしらに証拠が残るという話です。