児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童買春罪につき、児童であることを知らなかったという主張を通した事例

 出会い系サイト。
 結局15歳だったらしいです。
 出会い系サイトで「18歳以上」と自称していたこと、医学書とか弁護士への相談メールなども総動員して一貫して「知らなかった」と主張しました。
 最後は、自白獲得のみを目的にして、
  「本当は知ってたんでしょ?」
  「本当に知りませんでした!」
の押し問答で、被疑者も弁護人もしんどかったですよ。