児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

性犯罪の「再犯率」

 東京のテレビ局の電話取材の質問。

「性犯罪の再犯率は30%」というのは本当か?

 不意打ちだ。
 刑務所で治療しないんだから、再犯危険が高いのは知っているが、数字なんて、去年まで統計すらなかったから知らないよ。
 知らないものは知らないんだから勘弁してくれ。

 系列新聞社の記事はあるけどな。↓

女児暴行 2割が再び性犯罪 半数は13歳未満襲う 警察庁506人調査
2005.03.04 東京夕刊 1頁 (全776字) 
同庁の科学警察研究所は、82−97年に摘発した女児(13歳未満)対象強姦事件の容疑者527人のうち、死亡や行方不明の21人を除く506人の昨年6月末までの状況を追跡調査した。強姦や強制わいせつで摘発された103人の内訳は強姦が47人、強制わいせつが76人で、両容疑で摘発された容疑者も20人いた。半数近い47人は、13歳未満の子どもを再び襲っていた。

また、暴力的性犯罪の前歴を2回以上持つ容疑者144人の場合、35・4%(51人)が再び強姦または強制わいせつで摘発されていたのに対し、1度しか前歴のない容疑者の再犯者率は14・4%で、再犯性の高さを統計的にも裏付ける結果になった。

一方、全国の警察が昨年、子どもを対象にした暴力的性犯罪で摘発した466人を見ると、同種の前歴を持っていた容疑者は15・9%(74人)で、傷害(20・4%)や窃盗(19・0%)を下回った。ただ、過去に何らかの犯歴のある193人に限れば、同種前歴の容疑者は38・3%を占めた。〈解説23面〉
読売新聞社

 結局、絶対数が少ないから、個々の犯人を追跡調査か遡及調査していく必要があるんだよね。