児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-03-28から1日間の記事一覧

<児童ポルノ>自画撮り危険周知へ 愛知県警・県・教委連携

「フォロワー数を増やしたいなどとして自発的にツイッターをはじめコミュニティーサイト上に投稿する例」は児童が撮った時点で児童自身が公然陳列目的製造罪で、アップすると公然陳列罪で併合罪加重されるんだから、児童ポルノの害悪を強調するのであれば児…

更衣室の盗撮、なぜ条例違反に問えない?

盗撮行為で検討されるのは 建造物侵入(最高懲役3年) 迷惑条例(福岡では最高6月) 軽犯罪法(拘留科料) ですので、順に検討して行けばいいわけです。 店長は店更衣室の管理者なので、建造物侵入にはならない 迷惑条例は、「公衆便所、公衆浴場、公衆が利…

2017年03月28日のツイート

@okumuraosaka: 包括一罪の主張してみれば 強制わいせつ罪:元札幌市児童相談所職員に懲役3年6月 - 毎日新聞 URL2017-03-28 22:50:18 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 奥村に送られても気付かないよ チェコ大統領に児童ポルノ送信、米拠点のハッカ…