児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-03-20から1日間の記事一覧

岡田志乃布検事「強制わいせつ及び強姦の犯行状況を隠し撮りしたデジタルビデオカセットを犯行供用物件として没収した事例(宮崎地裁h27.12.1)研修813号

第1 はじめに 最近,強制わいせつや強姦等のいわゆる性犯罪の事件において,犯人がわいせつ行為等の状況をデジタルビデオカメラや携帯電話・スマートフォン等で撮影し,その画像が保存されているケースが多く見られるようになっている。 そのような事件の性…

2016年03月20日のツイート

@okumuraosaka: 札幌駅で40分乗り換え待ちという出張2016-03-20 23:14:08 via TweetDeck @okumuraosaka: 【AIR-G'(FM北海道):ANI-ON!】 URL #radiko2016-03-20 22:50:51 via radiko.jp sns投稿 @okumuraosaka: RT @YahooNewsTopics: 【人骨10人分 文化…