児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2008-06-30から1日間の記事一覧

美人局の恐喝・強盗が増えている感じです。

自称「児童」との児童買春罪が既遂になったタイミングで数人の男性がなだれ込んで来て、暴行脅迫して財物奪取するパターン。 相談多いです。 奥村の経験では、恐喝・強盗の被害者としての取り扱いの後、児童買春被疑者としての取り調べが待っているようです。…

児童ポルノ罪は強制わいせつ罪と親和性がある

13歳未満の製造罪なんて強制わいせつ罪そのものですよね。 ということで、現在、強制わいせつ罪の判決書から撮影の事例を探しています。 探すと言っても、膨大な強制わいせつ事件(ほとんど痴漢・通り魔の類)の判決を全部閲覧して、ピックアップするという…

強制わいせつ数罪で弁護人は執行猶予だと言ったのに実刑だった。同じ弁護士として責任取って受任してくれないか?

拘置所から時々ある手紙です。 そんな甘い裁判所は日本にはないんですよ。 量刑の読み違えはその弁護士のミスだとしても、そう言って受任を迫ると誰も受けないでしょう。