児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童ポルノ購入の単純所持事案を起訴猶予へ

① 年齢認識については、黙秘(「弁護士と相談してからにして下さい」とか)してもらって
② 他に年齢情報が出てないことを確認して(出ていても東京地裁判決なんかを持って来て減殺)
③ 警察が使っているタナー判定表を持って来て、第二次成長が出ていることを主張(東京高裁判例持ってくる)
で不起訴、
 全部、奥村が関与した判例で裏付けられた実務。
 

 最近は、児童から画像を買ったと思って居たら、注文後撮影送信された画像が混じっていて、製造になっていて、所持罪+製造罪で逮捕されることもあるので、安易に自白しないように警戒してください。

 このくらいのことができなくて、「児童ポルノに強い」とか宣伝しないこと。