児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

行為後何日くらいで逮捕されますか? 「2/16犯行、2/16発覚、5/11逮捕」という事例

 相談の趣旨は「何ヶ月経てば逮捕されないのか」ということでしょう。被疑者からはこういうのを書いてくれと言われました。
 アプリから携帯電話の契約者を特定して、春休みに児童から聴取して、GW開けに逮捕

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00010010-saitama-l11
女子中生にわいせつ行為、容疑の男逮捕 アプリで知り合う/東入間署
埼玉新聞 5月11日(水)23時3分配信
 埼玉県の東入間署は11日、県青少年健全育成条例違反容疑で、深谷市針ケ谷、派遣社員の男(31)を逮捕した。
 逮捕容疑は、今年2月16日午後5時ごろ、東松山市石橋の大型商業施設駐車場に駐車中の乗用車内で、18歳未満と知りながら私立中学2年女子生徒とわいせつな行為をした疑い。
 同署によると、男と女子生徒は今年2月初旬ごろ、通話アプリを通じて知り合い、事件当日に初めて会った。同日午後5時半ごろ、女子生徒から連絡を受けた友人が「女友達が助けを求めている」と110番。
 同署は保護した女子生徒から事情を聴き、男を特定した。