児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

保護者から「払わないなら警察に行く」という高額の慰謝料請求があったが、すでに警察に相談していた事例

 行為者側としては「まだ警察には相談していない。警察沙汰にしたくないので、示談はしたいが、自首はしたくない」という希望的観測に基づいた希望があるのですが、被害者側はかなり早期に警察に相談していることが多く、警察沙汰にしないという余地も自首の余地もないということがよくあります。逮捕状が請求されないようにお願いするしかありません。
 被害者がある罪を犯しておいて、犯人が判っているのに、警察に届けないでいてくれるというのはなんて楽観的なんだろう。