児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

非典型わいせつ行為

 客観的わいせつ性はどうですか?

鼻に接吻する
ほおを舐め回す
足をつかんで舐める
顔面で自慰行為して顔面に向けて射精して指先に精液を付着させる
陰茎を臀部に押し当て自慰行為して同女に射精してコートに精液かける

 「額に接吻した」というのは強制わいせつ未遂だそうです。