児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

国選弁護人と喧嘩した児童買春事件(前科有)を弁論終結直後に引き継いだら、交通費と謄写費用で15万円掛かりました。

 国選弁護人がちょっと酷いと思ったので、着手金・日当をもらわないという契約でした。
 弁論再開して、訴因変更と求刑の変更もあって、ギリギリ執行猶予。
 国選弁護人は訴因を検討してなかったし、記録も謄写してなかったり、被害弁償もしてなかったのですが、訴訟費用の負担(約8万円?)を命じられています。