児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

初犯の場合は逮捕されませんよね。

 弁護士でもそう回答する人もいるようですが、デマだと思っていいでしょう。
 新しい法律なので、もともと再犯の人は少ないんですよ。
 身柄事件・在宅事件の比率は知りませんが、在宅事件は稀ですね。
 覚知したらできる限り逮捕して報道して社会的制裁を加えて一罰百戒の威嚇効果という体勢ですので。