児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「児童ポルノ・児童買春罪の弁論要旨を下さい」という若い弁護士さんからの連絡

「国選事件なんですけど〜」と、3回目くらいか。
 最初に弁護方針を聞いてくるのであれば、弁論要旨の目次くらいは差し上げますが、計画もなく弁護人立証して、弁論要旨だけ立派でも、意味ないですよ。
 誰に入れ知恵されたかバレバレだし。