児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

FBIにおける児童ポルノ捜査報告「法改正の次にくるもの〜法執行の取り組みと課題について

 アメリカの話として、これでうまくやってるということでしたね。

FBIの捜査方法〜4つのツール
1 通信傍受 
2 潜入捜査 取引相手を装い、取引を現行犯検挙
3 共同謀議罪 製造現場で被害を未然に防げる
4 単純所持罪
これらについて、対外協力できないと意味がない。