児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

札幌市内小中学校のブログ*閉鎖の動き相次ぐ*市教委*民間サーバーに難色

 「民間のブログはセキュリティーに不安がある」ということです。

http://hkd.s151.xrea.com/shinei-j/archives/002081.html
真栄たより
 諸般の事情により、このブログは今回をもって終了いたします。
2008年5月14日

札幌市内小中学校のブログ*閉鎖の動き相次ぐ*市教委*民間サーバーに難色
2008.05.28 北海道新聞
 公式HPは、札幌市教育ネットワークセンター(白石区)にある市教委のサーバーで管理しており、各校一台の校務用パソコンで専用ソフトを使用しなければ更新できない。
 公式HPを「ブログ風」に更新している学校も一部にあるが、現場の複数の担当教諭によると、専用ソフトは使い勝手が悪いうえ、学校によっては「校務用パソコンが常に他の業務でふさがっていて、頻繁に利用できない」のが実情という。
 このため、更新が容易な外部サーバーを利用したブログを開設し、公式HPとリンクさせる学校がここ数年増えた。一日に複数回更新する学校もあり、閲覧も急増。ブログ開設の前後で「一日一けただったアクセスが百五十人前後に増えた」という中学校もある。
 これに対し、市教委は五月上旬、各校の担当者を集めた会議で、学校HPは市教委のサーバーを利用することを定めた「市立学校ネットワーク利用に関する要綱」の順守を求めた。要綱は六年前、不正アクセスによる情報の漏えいなどを防ぐ目的で作られた。