児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

行政処分用の弁明書の書き方

 医師・獣医師・歯科医師・公務員・・・と懲戒処分を受ける人が多くて、質問も多いですね。
 弁護人の弁号証と弁論要旨を併せて出せばいいわけで、やっぱり弁護士の仕事になります。
 しかし、刑事事件の時に何もやってないと、一から作ることになるので、手間ですね。急ごしらえも無理ですね。