児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・不同意性交・不同意わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録・性的姿態撮影罪弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 sodanokumurabengoshi@gmail.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

大林啓吾「表現の自由と著作権に関する憲法的考察−判例法理の批判から新たな議論の展開へ」東アジアにおけるアメリカ憲法−憲法裁判の影響を中心に

このように、日本もアメリカと類似の状況にあるといえる。にもかかわらず、El本の判例表現の自由著作権の関係について何も言及していない

と指摘されています。