児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

準司法手続き見直し自民制度調査会 審判官に弁護士ら検討

 海難審判なんて、いきなり審判官から受審人(被告人のような立場)に質問するんですよ。何聞かれるかわからない。弁護士出身海事補佐人はびっくりしますよ。
糺問的というか、奉行所のお白州です。

http://www.hokuriku.chunichi.co.jp/00/sei/20060720/mng_____sei_____000.shtml
司法制度調査会顧問の保岡興治元法相は本紙の取材に「公取委国税不服審判所などは、対審構造を強化すべきで、審判官への法曹人材の供給が課題となる」と述べた。