児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者わいせつ・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者わいせつ罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

強姦5罪+児童買春2罪で懲役11年

 高知は、児童買春+強姦が目立ちます。
 こういう事例があると、児童買春罪と強姦罪が実は性的虐待という点ではシームレスであることがわかります。

http://www.kochinews.co.jp/0501/050113headline07.htm
永渕裁判長は「顔などを殴った上、殺害をほのめかすなどしながら暴行しており、卑劣かつ執拗(しつよう)な犯行だ」とし、児童買春についても「金を餌に、大人が子どもを食い物にする典型的な事案だ」と指弾。