児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

当番弁護士にて

 罪名はランダムに割り振っているはずですが、奥村弁護士児童ポルノ罪にあたることもあって、

被疑者 先生、児童ポルノ詳しいですか?
奥村弁護士 児童ポルノには詳しくないが、児童ポルノ法には詳しい。
・・・・・・

(入手経路の話で)
被疑者 先生、winnyって知ってますか?
奥村弁護士 知っとるで。ファイル共有ソフトや。

という会話もあります。
 そこまで知ってて、なんで奥村弁護士を知らないのかと思いますけど、法律を気にしてたら、そんなことやらかさないですよね。(規範意識の欠如)


なかには

被疑者 奥村先生ですか!
 当番弁護士でお会いできるとは思いませんでした。当番弁護士をよんで児童ポルノ法に詳しくなかったら奥村弁護士にお願いしようと思ってました
奥村弁護士 逮捕される前に相談してくれればこんなところで会うことはなかったよな。

なんていう人もいます。

 その人の調書には、

 児童ポルノが違法であることは、奥村弁護士のホームページでよく知っていました。アドレスは
   http://www.okumura-tanaka-law.com/www/・・・
だったと思います。
 ただいま刑事さんに奥村弁護士のホームページを印刷して見せてもらいましたが、そのホームページに間違いありません。
 そのとき本職は「ホームページhttp://www.okumura-tanaka-law.com/www/・・・」を本調書の末尾に添附することとした。

なんて書いてありました。違法性の意識を取られている。
 児童ポルノ罪は重いので即時に止めて欲しいんだけどな。
 弁護士冥利ですけどね、君らがそういうことをしなくなれば、奥村弁護士は机上の理論をこねて、論文にしていればいいから楽なんだけどな。