児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

弁護人からの苦情

 知らないところの児童買春事件の弁護人から、
   奥村弁護士のサイトで被害弁償を勧める内容があって
   被告人の関係者が弁護方針について動揺している
   私にはできない。
   迷惑なので、掲載をやめて欲しい
という苦情の電話がありました。
時間の無駄だから、心なく
   御迷惑お掛けしました
と謝ったよ。

 多分ここ↓
http://www.okumura-tanaka-law.com/www/okumura/child/arrested-kaisyun.htm

 奥村弁護士の方針ですから。他の事件の弁護人に干渉するものではありません。
 弁護方針をしっかり示して被告人に動揺させないように。

 改正も知らないし現行法の条文すらないくせに、なに言ってくるんだか?
 間違っているというであれば、そう法廷で主張されればいいと思います。

 この手の苦情は直接・間接に3回目くらい。
 なかには、被告人から
    (弁護士さんは被害弁償不要説)
    重くなるのはいやだから、
    奥村弁護士の方針でやってくれ
と言われた国選弁護人(ベテラン)も。これは弁護士のメンツ丸潰れですし、そんな金があるのなら私選弁護を頼めと言いたくなりますね。すまんのぉ〜。≦(._.)≧

 弁護過誤の疑い事例も聞いています。
 http://www.okumura-tanaka-law.com/www/okumura/child/bengokago.html

 法定刑も上がって、今後は「被害弁償しても実刑」という事例も増えるでしょうから、弁護人の皆さんも、本気で被害者救済やってください。

 弁護方針誤ると、不利益は依頼者・被告人に帰すわけです。逮捕勾留されたり実刑になったりした拘束日数は、一生取り返しがつきません。無関係の弁護士には、気の毒ですがどうしようもないです。