児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

取扱事件から

sextingの児童ポルノ製造やら、淫行やら数件について、まとめて在宅捜査で起訴猶予にした事例。

被疑者からは「絶対起訴猶予に」という希望でしたので、起訴猶予にしました。 被疑者は「自首」を希望されていましたが、結果的には被害者の警察相談に先を越されて「自首」にはなりませんでした。

児童買春の年齢不知→青少年条例違反(過失)→起訴猶予

ポイントは最初から事実関係の説明を変えないことと、児童買春罪と青少年条例の法的関係についての意見書です。

16歳と成人男性との5回淫行が親にバレ、「レイプされた。4000万円払わないと告訴する」などというトラブルになった時点で受任して、青少年条例違反5回で自首して、後日強姦罪の告訴も出たが、在宅捜査のまま告訴取り下げとなり青少年条例違反で罰金50万円の略式命令となった事例

被疑者の自首が先行しました。 16歳は、被疑者と「セックスがよかった」「次はいつにする」などという連絡を取っていたにもかかわらず、親にバレると被害者性を強調して、以後「レイプされた」「実は嫌々だった」と一貫して供述しました。 「被害者」との…

児童に陰部乳房露出させる姿態とらせて撮影送信させたという製造事件で起訴猶予

被害弁償は拒絶されました。 検察官には児童共犯説の高裁判例を提供したがビックリしてたな。

児童買春の年齢知情否認事件で、プレイ内容と対償金額の交渉メールの後半に埋没していた「17」「部活終わってから」というメールを受信していたが、専らプレイ内容と対償金額と日時と待ち合わせ場所に関するやりとりであって、年齢を示す部分には被疑者の反応が送信されてなかったことなどから、起訴猶予になった事例

弁護人の活動としては、児童との口頭のやりとりや行為前・行為後の事実関係を細かく説明してできる限りの裏付けを付けて、年齢知情の部分だけ嘘をつくとは思えないという主張・立証です。 「児童とは知らなかった」という主張をしても、取調の後半1/3がその…

罰金前科数件の事例について、カウンセリング等で再犯危険性を埋めて執行猶予となった事例。

同種前科があると、検察官も裁判所もそればっかり責めてきますので、法律上の論点や証拠の問題点を指摘して、余裕ある進行にしてもらった上で、カウンセリングを数回受けてもらいました。

府警に被害児童Aが補導されたというメールを受けて、弁護士Xに相談して甲警察署に児童ABCDとの児童ポルノ製造・児童買春行為多数を「自首」したつもりだったが、行ってみると警察署違いで、乙警察が覚知していたので「自首」にならなかった。その後弁護人Yを選任して、児童EFGの事実も含めて乙警察に再度「自首」して、結局、逮捕は回避されて、ABFの事実で罰金100万円となった事例。

最初の弁護士はどうして甲警察を選んだのかが疑問です。手間が増えて逮捕リスクは減りません。

困惑淫行〜大阪府青少年健全育成条例

長野県も大阪府条例に倣うというので、事例を捜してきました。 脅迫になると強姦罪・強制わいせつ罪になっちゃうので、それには至らない程度のものに限られることになります。 やらしてくれないと写真ばらまくとかの言動もあるので、強姦罪でも行けそうな事…

乙女(13)に対するA県におけるわいせつ行為・性交とB府における性交を包括してB府青少年条例違反一罪で処断した簡裁判決と、それを追認した高裁判決

金沢支部の判例もありますので、高裁レベルでも包括一罪になります。 包括一罪ですから何回やっても処断刑期の上限は懲役2年又は罰金100万円になります。 そうやって裁判所を牽制しておいて、4件で数十万円という罰金額に誘導しています。 甲簡裁平成25…

被害児童が過去に遭った同種被害について、刑事確定訴訟記録法により裁判記録を閲覧した事例

事件特定さえできればね。

公立学校での師弟関係の児童淫行事件について、依願退職→自首→示談→起訴猶予→再就職という約2年かがりの弁護活動 

報道もなし。 退職金ももらいました。 教員免許はそのままですが、教員免許の要らない職種に転職しました。 責任は全部とっていると思います。 示談交渉だけで治めようとするのですが、「教育委員会や警察に相談します」と言われると、冷静な交渉も難しくな…

「強制わいせつ罪は傾向犯ではなく性的意図が不要である」という上告理由

刑法学者は「最決S45.1.29以降は傾向犯説の判例は出てない」というのですが、奥村は 広島高裁岡山支部h22.12.15 東京高裁H27.12.22 で、立て続けに傾向犯説の判決をもらいました。 傾向犯説の理由は保護法益が風俗だからで、非傾向犯の理由は保護法益が個人…

逮捕されたものの、青少年との真剣交際を主張して、青少年条例違反は起訴猶予、製造罪は罰金となった事例

通常は懲役1年執行猶予程度。 警察・検察・被告人・弁護人の利害を調整したような処分。 淫行はしてもいいけど撮影は犯罪という変な結果。

医学部生の刑事事件で無理して起訴猶予

罰金前科は5年残って、医師国家試験合格後の医籍登録に支障が出るからというので、警察・検察の取調にも全部同行して、供述をコントロールしました。 不起訴通知書をもらって任務終了。 医籍登録の時になって、反省文を書くことも、免許保留もありません。

児童ポルノ製造罪についての真剣交際の主張

札幌高裁が「なるほど,児童との真筆な交際が社会的に相当とされる場合に,その交際をしている者が児童の承諾のもとで性交しあるいはその裸体の写真を撮影するなど,児童の承諾があり,かつ,この承諾が社会的にみて相当であると認められる場合には,違法性が阻却…

フォトショップで描画した画像が3号ポルノとされた事案(東京地裁H28.3.15)

奥村は1人目の私選弁護人でした。 手弁当なのに若い先生方が頑張ってくれたので、起訴された34画像中31画像は児童ポルノ非該当となりました。 児童の姿態(2条3項)について、「児童の実在性」を要件としたものの、「姿態の実在性」を緩和した点で、…

師弟関係20回の淫行+12回の児童ポルノ製造について懲役3年保護観察付執行猶予とした事例

検察官控訴もありませんでした。 被告人は,学校で教員として勤務し,その後現在まで 学校で教員として勤務しているものであるが,その間の同年月日ころから同年月日ころまでの間,別紙一覧表記載のとおり,前後20回にわたり,当時の被告人方ほかにおいて、…

児童買春被疑事件で「行為後に16歳だとわかった」という弁解をするのに、被害児童の出会い系サイトでのプロフィール・(弁護人が捜してきた)過去のツイッターでの年齢関係の言動・行為後のLINEでの年齢関係の言動を警察に提出して、起訴猶予にした事例

ツイッターとかFacebookは重要です。 ただ、もっと若く言ってることもあるので、要注意。 児童買春罪の構成要件は、 児童との対償供与の約束・対償供与 児童との性交等 ですので、両方の時点で、児童であることの認識が必要です。 逮捕されてしまうと、どう…

在宅捜査で、当初年齢不知の主張をしたものの「被害児童は『会ってから口頭で15歳だと告げた』と言ってる」という取調が行われて自白したが、通話録音には「18歳」とされていて、起訴猶予となった事案。

弁護人から通話録音と反訳を警察に送ってから、怖くて取調に行ってない。

ツイッターを介した児童買春事件

1 児童が裸同然の画像を掲示して、「高校生 ホ別 2」とか書き込んでいて、「今日はありがとうございました またよろしく」等とコメントしていた遊客が検挙された事例 2 児童が裸同然の画像を掲示して、「高校生 ホ別 2」とか書き込んでいて、まず児童をサ…

高額の示談金を提供して「示談できたので捜査しないで下さい」という上申書を得て、捜査を止めて、起訴を免れた事例

逮捕を回避したとしても罰金前科が行政処分の理由となるような、医師・歯科医師・税理士・公認会計士といった業種です。 「高額」というのは実務家が想定する慰謝料額より1ケタ多い程度です。 非親告罪で示談で起訴猶予にするにはここまでやる必要がありま…

遺産分割調停・遺産分割無効確認・共有物分割請求・境界確定請求で長年被告代理人でした。

遺産の土地の範囲が争われて、断続的に6件くらい訴訟提起を受けて、結局、被告の当初主張通りで確定しました。 当事者も高齢なので、原告が1人欠け、2人欠けという感じで。

児童買春罪の年齢不知で不起訴

証拠にもよるけど、(児童だというメール等がなく)ホントに知らなかった場合は、弁護士が支えて否認すれば、起訴されないはずだ。 警察の取調は3回(延べ20時間) 検事調べ1回(1時間) どう支えるかについては、一般論しかいえないが ?被疑者の説明を…

児童買春罪で罰金前科があるとか、起訴猶予の前歴があるのに、また児童買春した方の弁護活動

再犯防止が足りないんでしょうね。 ここで止めてもらわないと止まらないので、そこ重点的に。

罰金納付の引き延ばし

罰金を分割払いできないかという相談がよくあって、分納という制度もありますが、正式裁判で引き延ばすという方法もあります。その間に積み立てるとか一部納付するとかするわけです。 50万円の略式命令について、こうなった事件があります。 略式命令の仮納…

児童買春2罪で起訴猶予

こんなことしたらダメだという被疑者の言動と弁護活動

在宅捜査で6件起訴されて懲役1年6月執行猶予(某地裁h27)

起訴状に法律上の欠陥があったので、そこを指摘して、実刑求刑しないということに

「姿態をとらせ」を行為として記載したとは読みにくい4項製造罪の公訴事実

第1の12万前払いというのも嘘っぽい。(証拠上は後払いだ) 「姿態をとらせ」が構成要件的行為ないし実行行為だとすれば、行為の日時場所等で特定する必要があるが、第2の「同児童を相手方とする性交に係る各姿態をとらせてデジタルカメラで撮影した静止画…

奥村弁護士がタダで受任したことが訴訟費用不負担の理由となっている事案(某地裁某支部H27)

国選弁護人は量刑についての情報が無いのに、当初「執行猶予だ」と断言していて、途中で「実刑可能性50%」と言い出して、被告人の不安を増長させて信頼を失いました。 そんなんじゃ国選弁護制度への信頼が揺らぐということで量刑相場上執行猶予しかないこ…

「強」がつく事件で、国選弁護人が「懲役1年実刑」と予想した事件について、執行猶予判決とした事例(某地裁某支部)

罪名の組合せが珍しいので普通の弁護士には予測できないと思います。実刑事案でも1年という短期の判決はありません。 執行猶予事案を多数紹介して、裁判所を誘導した感じです。刑期は重め。訴訟費用(国選弁護人の費用)は免除。、