児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2021-11-19から1日間の記事一覧

「わいせつ保育士の再登録「最大10年禁止」に厳格化、厚労省が新制度案」と刑の消滅・執行猶予期間終了

執行猶予期間終了の場合は、刑法27条に従うしかないでしょうね。 https://news.yahoo.co.jp/articles/b401c0fc26045ee6783a15c9d1845aad592d605b 刑法は禁錮以上の刑の終了後、10年で刑は消滅すると定めている。これに基づき、新制度では、保育士の再登録…