児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2020-02-15から1日間の記事一覧

教諭淫行で生徒が自殺未遂、大分

因果関係と損害が立証されると高額になりえます。 https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/02/14/JD0058964051 元県立高教諭のみだらな行為、生徒の自殺未遂で発覚 寝たきり、重度障害に 2020/02/14 03:01 女子生徒(18)にみだらな行為をしたとし…