児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2018-11-24から1日間の記事一覧

全国協働捜査方式 児童ポルノ20人書類送検 摘発のサイト顧客 単純所持容疑で=北海道

1月に大量の相談が来たが、この報道で年末にも第二波が来た。検挙されたくなかったら、物理的破壊するように。 「警視庁が昨年5月に摘発し、関係先から約7200人分の顧客リストを押収した。同庁から情報提供を受けた道警は、このリストをもとに道内の購…