児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2017-04-09から1日間の記事一覧

東京都特定異性接客営業等の規制に関する条例

取材とか問い合わせがあったので、張っておきます。東京都公報の縦書きが上手く変換できないので誤変換は故意に残してあります 取材に対しては、こういうコメントを付けました。 条例の効果としては、条例施行後は対象業態について「JK」を謳う店舗からは…

児童とのトークで児童買春勧誘罪になるという弁護士ランキング 神奈川県1位弁護士の回答

勧誘罪というのは、児童と買春するように誘うということで、遊客(オッサン)を誘う罪で、児童を勧誘するのではありません。 淫行勧誘罪とかを検討してください。 第六条(児童買春勧誘) 1 児童買春の周旋をする目的で、人に児童買春をするように勧誘した者…

2017年04月09日のツイート

@okumuraosaka: 出会い系サイトから「500万円当選」メール、お金くれないから訴えたら100万円ゲット! - BIGLOBEニュース URL2017-04-09 23:33:25 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 弁護人はよく選んだ方がいい 朴容疑者 弁護人を大量解任 | 2017/4/9(…