児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-04-11から1日間の記事一覧

準強制わいせつ罪と製造罪を観念的競合とした事例(千葉地裁松戸支部H28.1.13)

撮影型の準強制わいせつ罪が多数あるし、準強制わいせつ罪だから観念的競合なのかな。 千葉地方裁判所松戸支部平成25年(わ)第10527号,平成26年(わ)第30号,平成26年(わ)第64号,平成26年(わ)第130号,平成26年(わ)第221…

2016年04月11日のツイート

@okumuraosaka: 投稿記事削除仮処分保全異議申立事件(さいたま地裁H27.12.22) URL2016-04-11 23:58:45 via Hatena @okumuraosaka: 準強制わいせつ罪と製造罪を観念的競合とした事例(千葉地裁松戸支部H28.1.13) URL2016-04-11 23:52:05 via Hatena @okumu…