児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-02-11から1日間の記事一覧

出所後の薬剤師免許取得に関して、「あなたの犯した罪の内容にもよるでしょうが、5年経過で刑が消滅します(刑法34条の2)から、通常は与えられるでしょう。」という弁護士の回答

刑法34条の2第1項で、自由刑の実刑の場合は、「刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せられないで十年を経過したとき」って書いてあるけどね。 第三四条の二(刑の消滅) 1 禁錮以上の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た…

2016年02月11日のツイート

@okumuraosaka: 陸送みたいだな・・・ 容疑者は午後8時前、美幌署から豊平署に移送された フジテレビ →豊平署に移送された白川秀一容疑者=11日午前1時49分URL2016-02-11 22:03:58 via TweetDeck @okumuraosaka: 半分に削るとか 大阪府咲洲庁舎の長周期…