児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-01-15から1日間の記事一覧

遺産分割調停・遺産分割無効確認・共有物分割請求・境界確定請求で長年被告代理人でした。

遺産の土地の範囲が争われて、断続的に6件くらい訴訟提起を受けて、結局、被告の当初主張通りで確定しました。 当事者も高齢なので、原告が1人欠け、2人欠けという感じで。

2016年01月15日のツイート

@okumuraosaka: 【奥村徹弁護士の回答】 職業・前科の有無は、最初に考慮されます。刑訴法第二四八 | URL #弁護士ドットコム2016-01-15 23:50:13 via 弁護士ドットコム @okumuraosaka: 足の甲とか手の甲は風が当たるので、この程度でも効かない URL2016-01-1…