児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2015-02-22から1日間の記事一覧

みだらな行為の早稲田高元教諭、諭旨解雇は無効(東京地裁H27.2.18)

東京都条例では淫行については過失処罰規定がないので(わいせつ行為については罰則もないので)、違法じゃないですよね。参考資料 横浜地裁h240830 東京高裁h250411 横浜市人事委員会裁決書23人(不)第1号事案 http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honb…

うまく自首した人のその後

別件の相談の時に確認することがあります。 逮捕されずに、半年間に延べ15〜20時間を3〜4回に分けて取調受けて、罰金払って、家庭も会社も従前通りの生活になります。 幹部公務員とか教員とかもそのままです。 また児童買春罪とか青少年条例違反で捕ま…

2015年02月22日のツイート

@okumuraosaka: 豊田署生活安全課の警部補 49歳警部補を逮捕 スカート内を盗撮しようとした疑い(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース URL2015-02-22 23:26:55 via Twitter Web Client @okumuraosaka: URL 維新が初の党大会、企業・団体献金禁止を決定(T…