児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2014-05-10から1日間の記事一覧

援交恐喝の被害者を児童買春で逮捕した事例(長野県警)

実際に性交等をしていると、恐喝だけでなく児童淫行罪も疑われます。 恐喝被害者かつ児童買春被疑者の方は、恐喝の罠であっても、児童買春行為をしてしまうと、責任は軽減されません。 うまく自首すると逮捕を回避できる可能性がありますが、起訴猶予にはな…

2014年05月10日のツイート

@okumuraosaka: 初音ミクとキスをする装置を作った猛者! さすが日本 URL2014-05-10 23:47:58 via Tweet Button @okumuraosaka: 【奥村徹弁護士の回答】 摘発されていないというだけでは、法律に抵触しているかどうか | URL #弁護士ドットコム2014-05-10 23:…