児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2013-12-18から1日間の記事一覧

保護者から「払わないなら警察に行く」という高額の慰謝料請求があったが、すでに警察に相談していた事例

行為者側としては「まだ警察には相談していない。警察沙汰にしたくないので、示談はしたいが、自首はしたくない」という希望的観測に基づいた希望があるのですが、被害者側はかなり早期に警察に相談していることが多く、警察沙汰にしないという余地も自首の…

2013年12月18日のツイート

@okumuraosaka: 日刊ゲンダイ|府議造反で過半数割れ 橋下維新“お膝元”でも賞味期限切れ URL @nikkan_gendaiさんから2013-12-18 22:35:55 via Tweet Button @okumuraosaka: LINEの事件をやってるので、LINEに登録したのだが、友達がいないので、使ったことが…