児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2010-12-06から1日間の記事一覧

非接触型わいせつ行為

どんどん広がっています。参考文献 強制わいせつ罪におけるわいせつ行為について 捜査研究50年4月号61頁 研修674「運転席シートと運転席座布団に精液を付着させた事案につき,強制わいせつ罪の成立が認められた事案」 松下裕子「被害者の用便中の姿態を…

モバゲー運営会社に5人殺人予告

良くも悪くもメールって字面で判断されますから怖いですよ。 語感とかがないので「冗談のつもり」というのは通用しません。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101206-00000020-mai-soci 送検容疑は、5月下旬〜6月下旬、「入りたいわ、もし入れやんかっ…