児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2009-08-19から1日間の記事一覧

大阪高裁にて

公然陳列罪なのか提供罪かという論点の事件。 裁判長「被告人に対する児童バイシュン、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反・・・事件について審理します。」 裁判長「弁護人は控訴趣意書を陳述しますか?」 弁護人「(カイシュン…

自発的に売春していた児童をとがめなかったという主張(佐賀地裁H21.9.9)

事実上の影響力を薄める作戦ですね。 情状としては、娘の落ち着き先を決めることですね。 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saga/news/20090818-OYT8T01154.htm 女は弁護側の被告人質問で、昨年末に当時中学3年生の長女が売春をしていることを知り、怒った…

ドライアイス屋さん↑→

阪急中津駅付近の高架下。 ちょっと冷気を浴びてきました。

児童ポルノ禁止法違反:初公判 2被告、起訴内容認める /宮城

2歳の裸が一般人の「性欲を興奮させ又は刺激するもの」ということで納得されているようです。 常識で考えておかしいと思いますね。 http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20090818ddlk04040209000c.html 起訴状によると、被告は今年1月、女に金を払う約束…