児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2009-03-15から1日間の記事一覧

ハト捕獲↑→

園芸用ネットに引っ掛かってました。

逮捕されて懲戒免職になると教員免状が取り消されるから、自首して在宅捜査にしてもらって、刑事処分が決まりそうな時点で、依願退職して、刑事処分受けて、それから教員に再就職した事例

相変わらず教員の事件が多くて、相談も多いです。 http://mainichi.jp/area/aichi/news/20090311ddlk23040211000c.html http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090310/crm0903101320016-n1.htm 感心しないのですが、法律上はこうなります。実際には、法律…

留置場で救命「感謝状」なし 伊丹署、協力度で総合判断

この記事なり、申し入れ書で、情状立証できそうです。 http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200903140041.html 県警の規程には「人命救助や防犯活動、警察への協力などに対して警察署長が感謝状を贈ることができる」とある。弁護人は2月、「差別的でない対…

模擬裁判から見る被害者参加制度 制度の意義、再考を 

結局、ちょっと重くなるとか量刑理由で考慮する程度ですかね。 量刑相場として過去の同種事案が全部実刑で、被害者参加で被害者に実刑求刑された事件で、執行猶予になる方法を考えていますが。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090308-00000097-mailo-l…