児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp3@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2007-08-05から1日間の記事一覧

甲子園練習↑→

甲子園球場のツタを買おうと、出かけましたが、ツタは、会期中のみ。 http://www.hanshin.co.jp/engei/stadium/index.html このツタから採取した種から育てた「甲子園のツタ」の鉢植と、このツタの細胞をバイオ技術で栽培し、ガラス瓶に密閉した「甲子園のツ…

新潟県の動き

保護者の帰責として主張してみます。 http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=1691 県と県警は、携帯電話会社が未成年者と契約する際、有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング(情報選別)サービス」の利用を勧めることや、…

裁判員に量刑目安資料 最高裁、データベースで提供

量刑のポイントが「犯行態様、計画性、凶器、被害の状況、被害者の処罰感情、被告の年齢・性別・前科、事件当時の精神状態、反省の有無」だということがわかりました。 冒頭陳述・論告・判決書の内容を総合した情報。 こういう要素で絞っても、幅が出てくる…