児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童ポルノ動画5点所持→罰金30万円→停職3月・依願退職

 DVDじゃないのも出てきましたね。
 媒体の物理的破壊をお勧めしています。

小学校教諭ら懲戒処分 /宮城県
2018.10.20 朝日新聞社
 県教育委員会は19日、仙南地域の小学校の男性教諭(56)が児童ポルノの動画を所持していたとして、停職3カ月の懲戒処分にし、発表した。教諭は「大学生の頃から子供に性的嗜好(しこう)があった」と話しているといい、同日依願退職した。

 県教委によると教諭は今年4月3日、児童ポルノの動画データを所持したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪で大河原簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。教え子がわいせつ目的で撮影された様子はないという。

。。。
児童ポルノ 教諭停職/部活で体罰の教諭減給/県教委/
2018.10.20 河北新報記事情報 16頁 河北新報 (全539字) 
児童ポルノ 教諭停職/部活で体罰の教諭減給/県教委

 県教委は19日、教員2人の懲戒処分を発表した。児童買春・ポルノ禁止法違反(所持)の罪で罰金30万円の略式命令を受けた大河原教育事務所管内の小学校の男性教諭(56)を停職3カ月、部活動指導で体罰を繰り返した仙南地域の高校の女性教諭(43)を減給10の1(9カ月)とした。児童買春・ポルノ禁止法違反での教職員の懲戒処分は初めて。

 県教委によると、男性教諭は2月、児童ポルノの動画5点を収めた外付けハードディスク1台を所持したとして角田署に書類送検され、4月に略式命令を受けた。昨年3月にインターネットで動画を購入した。

 男性教諭は「1996、97年ごろから児童ポルノの動画を収集していた。違法性は認識していたが、処分できなかった」と話しているという。19日付で依願退職した。